2010年8月 5日 (木)

やっとちょっとだけ紹介。

毎日毎日、暑いですね
皆さんお元気ですか。

こんだけ暑いともう普通にしてても暑いし
ムスメもムスコもプールやらで真っ黒クロスケで、出ておいでーと言うか
色つきの女でいてくれよーと言うか、なんか黒い

私は最近はすっかりパソコンを触る暇もなく
もっぱら携帯で人様のブログやミクシーなどを
覗かせていただくばかりです、のぞき屋ですよ。



しかもわずかな合間に覗くもんだから途中で用事が出来ると
携帯を開きっぱなしの放りぱなしで用事を済ますものだから

次に見るとその人のブログやらミクシやらを
長時間見てるよ的な事になりもうまるでストーカー
ストーカーじゃないですよ、実はあなたの大ファンなのです。
だから足跡ベタベタでもオコラナイデー




それにしてもアレですよ。
あまりにもキーボードを触ってないので
久しぶりにこうして触ってみれば、もう打ち間違いだらけです

こういうのって忘れちゃうものなんですかね
会いあわら図←こういう間違いだらけ

相変わらず、ワンコもニャンコも元気です
ワンコは以前ちょびっと紹介させ戴いたと思いますが
ダヌッ子なるお嬢が増えてまあ、なんとも6頭のボーダーコリーですよ
他人様が聞いたらバッカじゃねえの思われること必死。

先日も家庭訪問にいらっしゃった先生からは
子供の話もそこそこに



「ブ・・・ブリーダーさんなのですか?」



と聞かれ、胸を張って答えましたとも、ええバーンと胸を張って!
心なしかクレイトのワンコ達も胸を張っていたかもしれません
ヴィヴィもバトもヴィタ君もむんむちゃんもサイファもダヌっ子もバーンとね!




「いいえ、好きで飼ってるんです」




サイファなんかはきっとこう言ったに違いない




「イイエ イヤダケド カワレテルンデスゥ~」




ってひどいや、サイファ君(泣)

Ga_02_2 ※ショック
   

今考えてみれば別に胸を張らなくても良かったようにも
思いますが、まあいまさら悔やんでも
仕方がないので忘れることにします。
なんか先生ったらハッとした顔してたっけ


ええと、何を話そうとしてたんですっけ。
そうだ、ダヌッコの事だ

そんな最近ニューフェイスなダヌッコですが
ニューフェイスなだけじゃなくなんだかニュータイプ


Amuro ※そういう目をするな




ほかのワンコに怒られても懲りないわ
怒られると明らかに納得いかない顔するわ





たたいたね!?父さんにも叩かれた事ないのに!!




とか言うつもりかしら。
モビルスーツはピンクね、やっぱり(親ばか)


Gandamu ※ガンダヌ?

グフがあるんだから
ガンダヌとか言うモビルスーツもありそうね(ただのおばか)




そんな妄想の暴走はおいておいて。





我が家で一番怖いヴィヴィ母さんにふざけて踊りかかるわ
茶化すわ、なんだかニュータイプな感じがしています

まあ、ほかの皆も年が離れている為ややめんどくさいのか
その後喧嘩になったりはしないので
安心は安心なのですが、見ててふてぶてしさ満開です



ルナまま家のエデコにしつこくちょっかい出して怒られても
驚いたのはそのときだけだし、エデコは叱りなれてないものだから
可愛そうに、押さえつけてやったは良いけど
それからどうしていいか分からないのが見てて切なかったです
エデ、あの時はごめん・・・・・でも・・・




反省してるけど、犬は犬同士何とか自分でして。





とにかく何と言うか、どうにも出身地から鑑みるとらしからぬ性格ですが
うちの新しいお嬢さんです
やっとちょっとだけ紹介できました。

あんまり他人様に会ってないのでドギマギしちゃうと思いますが
もしどこかであったらよろしくお願いします、ペコリ。








もうすぐ一歳です
どうか健康で毎日楽しく過ごせますように。



















| | コメント (2)

2010年5月27日 (木)

愛犬の友ボーダー特集

愛犬の友ボーダー特集
今月号の愛犬の友はボーダー特集です。

我等がASTCの木川先生が牧羊犬について取材を受けてました。

内容は従来のシープドッグとはまた違った切り口、本場英国のシープドッグとは語ってくれています。

あまり取材はお好きでないそうでほんっと珍しいです今回初めてですよ。

正直に言って私はとても嬉しいです。

知ってる人は知ってる事ですがシープドッグトレーニングは遊びじゃないし、気軽に楽しめるドッグスポーツでもありません。

勿論、コマンドや強制でガチガチに縛られたものでもありません。

ハンドラーの為に働きたいと言う気持ちを犬自身が持ち、ハンドラーは犬を信じて羊の所に送りだし、犬は羊に対して敬意を払い丁寧で自信を持った動きで羊を誘導する、それによって羊は安心して誘導される

おお、なんかややこしいけど

羊に敬意を払い犬に敬意を払い、ハンドラーと犬が羊から何かを学びながら共に成長するものではないかと思います。

ってな事を感じてます。

だからもう取材で木川先生も言われてる様に成長するのはもーたいへん、すげー大変。パネェくらい大変。
でもそれだけに成長が見られるたりするともう嬉しさも半端ネェ訳です。

あ、でもご安心をトレーニングは先生、犬にはめっちゃ優しいんですよ。人にはそれなりですが。

ん?でも優しいです。

あんまり上手く説明できなくてアレですが一生懸命な気持ちには一生懸命答えてくれる先生です。一緒に考えて悩んでくれるし。

ちゃんとトレーニングすれば犬は伸びるんだって事を教えて戴きました。ショータイプのバト君もウ゛ィタ君も頑張ってます。

…たいふぁ君はもうちょっと頑張れ。

羊を本当の意味で大切にすると言う事も教えて戴きました。

ご自分で所有してるからかその日の羊の状態や性格もバッチリです。最初はかなりカルチャーショックでしたっけ(笑)

ちなみに噛めなんてコマンドはないですよ

そんな訳で愛犬の友、是非読んでみて下さい、買わなくても良いの。別に書店の回し者じゃないから。

むしろ、なかなか理解しにくいシープドッグトレーニングの入門編として少しでも「そうなんだー」「そうだったんだー」と、感じて戴けるとシープドッグハンドラーの端っこの私としては嬉しいのです。

| | コメント (4)

2010年3月26日 (金)

ボコボコにしてやるからね。

こんばんは。
グフフ 今日は書かないと思ったでしょう




でも書くんです




書くかと思えば書かず、書かないと思えば何故か書く
そんな気まぐれエンジェルです、
どうにも止まらない ウワアオ!

今日車にムスメを乗せて走ってたんですけどね
突然質問されまして




ねえ、まま この下はじごくなの?





ええ?まあ概念としては地獄で良いんじゃないですかねえ
死なないと分かんないけど
現実的に考えればこの下はコア、つまり核の部分に
なるんじゃなかったっけ。



・・・・・ずっと行ったらどうなるのかなあ




向こう側のブラジルに出るかと思われますが
残念ながら核は大変高熱で人間の体は耐えきれないので







溶けて死にます、そりゃあドロッドロに。





なーんて物騒な話をしつつ帰宅しましたっけ。
ろくでもないような、為になるようなそんな会話。

最近では一人前に質問してきたりして
大人の階段を上ってるようです

ついこの間は、
「人は死んだらどこへ行くのかな・・・」
とかウンコしながら聞いてくるので




ウンコのように流れて行くんだよ、どこかへ。




とかノーバディノウズ的にカッコよく答えておきました。
実際死んだことないから分かんないよ。

っていうか何故彼女は難しいことを必ずウンコ中に聞くのか
それこそ自分に問いかけてほしい
そしてトイレについてきてくれた相手に向かって
いつ死ぬのか問い詰めるのは辞めてほしい。


まあとはいえ、そんな不思議なことばかり考えて
居るわけでもなくそれなりにタチも悪くなってるようで

先日は何か太っちょさんと内緒話をしたらしく
ムスメが言うには

もしもこの事をままにいったらね・・・・・





「ぱぱのこと、ボコボコにしてやるからね」





なーんて太っちょさんたら度肝を抜かれて
言いつけに来てました。
うちの天使が堕天使になったよ的な顔してた。


誰がそんな事を言うのかと太っちょさんが聞けば
どうやらドラえもんのジャイアンが言うそうで。

ふうん、私なら




ギッタギッタのメッタメッタにしてやるからな




とか言うのですが如何でしょうか
大体ギッタギッタのメッタメッタってどんなだ?




あ、そうそうこれも捨てがたい↓

Jaian




あしたたっぷりお礼してやるから。




私がこんなこと言われたら
矢も盾もたまらず謝ります、めっちゃ怖い。


まあいいや、一応ボコボコ発言に関しては
注意しましたがこれからどんどん悪くなるんじゃないかと
こわいような面白いような。


そんなムスメも今年は小学生
親戚の皆さんから




お祝いを沢山いただいてウハウハ




って誰が?






・・・私が?





だって図書カードとお洋服が沢山で嬉しかったんだもん。
おこぼれに預かれるかも特に図書券 いやいや
こんなこと考えてるって知れたら









ムスメにボコボコにされちゃう

















なので内緒にしておいて下さい、ウフン。


























| | コメント (2)

«第6回 SHEEPDOG TRIAL in ASTC