« 褒めること、叱ること | トップページ | 全部使いたかった »

2006年4月20日 (木)

ホクホクです

こんばんは

今日はお天気も良く少し暖かくて過ごしやすい・・・・
と言えば聞こえは良いのですが


ぶっちゃっけ暑かった


様な気もします。
夜は雨で、ちょっとつまんないかも?

少しずつ桜も散って暖かくなり
ワンコには辛い季節が近づいてきましたね
とはいえ泳ぐには最高ですのでまあ、良いか。

さて。

昨日のエントリである


「褒めること 叱ること」


についてですが
まずは読んで頂いた方々に沢山の感謝を!


ありがとうございます


他にもトラックバックを戴いたりコメントを戴いたりで
私はとっても嬉しい気持ちです、マジでホクホクよ。

トラックバックを下さったのは犬名刺で大変お世話になった


Elan the Dog


ちゃん家のベーさん事、九樂堂さんです。
彼女の記事を読んで頂ければ分かると思うのですが


叱らない方式というのは何かを教える時の概念的なモノ


として使用するのであって
実際に運用する場合はまた別なのではないか?
と書いて下さってます

・・・・と言うことは
やったことのない事を教える時には褒めたりしてしつける


実生活で現実に何かあった時には叱ることもあり


ってだとするのであればそれなら納得ですね(笑)
ならば私が常々思ってる


何で叱っちゃ駄目なの


自体がナシになる訳です
ただ、公園等で実際に会う方がどうかというと


そうも言えない


どう見ても他の犬を見て吠えてるのにオヤツで釣ってるのだろか
って方も居る訳です、その方に聞くと躾け教室で習ったと仰る訳です


ノーって絶対言っちゃ駄目って言われたんですよ


って。
だから世の中にはまだまだ色んな方法があるんでしょうね。

上のElan the Dogちゃんの記事ですが
そこからまたトラックバックがされているので飛んでみるとまた面白いです
私はとても面白かったのでホクホクになりましたです

それにしても、こういう事で誰かが

トラックバックしてくれて
読んだ方が色々感じて記事にして
また誰かがトラックバックして・・・・と言うのは



良いですね


これがトラックバックの醍醐味でしょうか
是非、他にも何かあったらどなたでも過去のロクデモない記事でも
トラックバックなりコメント等、色々聞かせて頂けると嬉しいです。



さて。


普段よりは様々な反応を頂きましたこの記事

読んでくれた方々の中には叱ることについて肯定的な考えな方も居たり
また、否定的な考え、ちょっと自分とは違う?と思った方も居ると思います

ですがきっと、自分のワンコとの関係や育て方を振り返ったり
横でヘソ天な相棒に思いを馳せて


うちは・・う~ん・・・どうかなあ・・結構叱ってるかも。。


とか


マイベイビー、キュートでプリティなの 可愛すぎて叱れないわ


とか


将来を思うならば叱るべきだ!


とか


何か適当で良いんじゃないの~


とか



とにかくコイツ 話長くね?



とか少なからず思った方も居るのではないでしょうか

私はそれこそが大切なことだと思います
自分の犬はこうだっけ・・・とかでも自分はこうだとおもう・・・
しかし、この場合はどうすれば・・・って


色々考えて欲しい


と思います
その中から感じたことをお友達や公園で会う人
たまたま見つけた詳しそうな人に聞いてみて試行錯誤して欲しい
それこそが、犬と自分の経験という大切な財産になると思います

世の中にはホニャラカ式や新ホニャラカ式等、また
ホンジャカフンジャカ式の色々な躾けや訓練の方法が
存在する訳ですが、

百種類の犬種がいれば百種類の方法
同じ犬種でも、同胎でも誰一人として


全く同じ個体は居ない


のですから
同じ内容の事柄を教えるのでも


その子その子に寄ってまた場面や状況に寄って違う


のだと思います。


車に轢かせたくないから車に飛び込もうとする
犬にノーと言う、または力任せに止める

車に轢かせたくないから車に飛び込もうとする
犬の気を別の何かで気を紛らす、またはその場を離れる


どっちの方法を選択しても
結果としてどちらも車に轢かれなければ
良いんじゃないの~って思う方も居るかも知れません

ですが、私の場合は

なるべく早く犬たちに
いつも一緒に何処にでも行かれるようになって欲しいし
言えば解るはずだ、とか命のキケンを必ず確実に防ぎたい、とか思うので

ノーもグッドも使いメリハリを求める昨日の方法を行ってる訳です

何せ彼等には私達の5分の1から4分の1くらいの寿命しかないので
共に仲良くいつも一緒に暮らすラブな仲になるにはマゴマゴしてられない

勿論・・・


もしかしたらもっと良い方法もあるのかも


なんて思う事もあります
是非、そのやり方や方法を知りたいです
もしもその方法が見つかったとして、やはり
自分のワンコの性格や飼ってる犬種の事も
知らなければいけないのではないかと思う訳です

その中から困ったところが有れば、

それは直せるのか
困ってるのは何故か?
もしかしたら体調に問題があるのか?
困ったところを直すためにはどんな方法があるのか?
それは自分にも試せるのか?

何故、コイツは長たらしい文章なのか?


等を考えるきっかけになってくれれば
私としては大変ホクホクです


意見が活発なのは嬉しいのです
色んな訓練方法があり、その中で自分とワンコにあったやり方があり
試行錯誤した結果、よりお互いが理解出来るのが良いと思います



そんな訳で・・・・





全てのワンコが飼い主と
共に居ることが最高の喜びでありますように






とか何とか




格好いいことを言いつつこれから私は寝静まった家庭で






買ってきた葡萄を食べるのです







そんな私が最後に言えることは・・一つ・・






ぶ・・・










ぶどうひとつぶどう?







ってその程度の人間なんですよ、ええ私は。















|

« 褒めること、叱ること | トップページ | 全部使いたかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45621/1474502

この記事へのトラックバック一覧です: ホクホクです:

« 褒めること、叱ること | トップページ | 全部使いたかった »