« 予選会初日~まずはお礼~ | トップページ | 予選会二日目~その男ドSにつき~ »

2006年5月 2日 (火)

予選会初日~ニュータイプとキュータイプ??~

こんにちは世間様はGWですが
いかがお過ごしですか

私と言えば昨日からPCの調子が悪くて参ってます
ブログを書いてると思いきり電源が落ちてしまいます。



もの凄いショックですOrz




***************************

土曜日のレポートに行きます。アムロ行きます(ガンダム)


さて、土曜日出場の方は中級11組、初級5組が出場です
初級は毎回の予選と同じ


一緒にヒーさんを持って行って、一緒に帰ってくる


が目標です。
前回まではタイムの早い順だったのですが
今回からは如何にワンコに勝手なことをさせず、
的確に指示を出し旗門まで頑張れるかが大切ですね

つまりは、ハンドラーがワンコとヒーさんを如何に


スムーズに誘導するか


のポイント制。
勿論早ければそれはそれで良いのですが
急げば急ぐほどに、崩れる事が大半です

なので、
如何に落ち着いて追う事が出来るかがポイントです
ポイント制だけにポイントが・・・・・・ってツマンナイですね、すみません

ちなみに図にするとこんな感じ

○はパイロンです


      ○                        ○








         _______○_______          
 

                    *

____________________________

この図の傍線から手前*印付近でヒーさんがセッティングされてます。
ここから上の2つの旗門間でヒーさんを通して方向転換
その後、手前のスタート地点までヒーさんを誘導して終了です。
蛇行せずにスムーズに行って帰ってくれば満点
立ち位置は自由、制限時間は4分です


ただ1つ、恐ろしいルールは傍線から30秒以内に
羊を出さないと失格になってしまいます。

初心者に近いから初級なのに、
30秒って追ってるとあっと言う間で
少しでもしくじれば簡単にお終いです。

とは言えk氏は普段の様にすればどなたも
問題無いから30秒なのでしょうねーってどなたか言ってましたっけ。


いやや、本番と練習は違うのですorz



ってちょっと自分に当てはめてみたりして(汗)


とは言え、初級の方々も良かったですよ
ほとんどの方が問題なく
最近のレベルの高さを感じさせてくれました。

↓はそんな方々のお写真です

Dsc_1522









※Sちゃんのじっくりゆっくりは基本です


ハンドラーはベテランのIさんです

Dsc_1527_1









※C君の様な意欲も大切


C君のパワーにヒーさんもタジタジ

Dsc_1528_1









※静の代表、ちゃんとした伏せ


エプロンがキュートです

Dsc_1530









※ヒーさんへとこっそり進むT君


低い姿勢でにじり寄り、弾けてた。

Dsc_1547









※Z君の果敢な攻め


何だか楽しそうでした


以前よりも全体のレベルが上がったせいか
どの子もポイントを確実にゲットしてまして見ていて安心です
初級と言えどもワンコのタイプや追い方に個性があったのも見物です



そんな初級の予選会、
直線で行って帰ってくるだけの動きだったのですが
実は奥が深く、沢山の個性が見られて、大変楽しかったです。

*************************


そして中級です

                 ○                        ○






◇ ◇ ◇           _______○_______          
 ◇  ◇ 

                            ▽

               
                            *


                              

中級は三角形の移動。
スタートは◇地点付近に居るヒーさんを傍線○の外側を通して
アウェイ方向、右回りで一周して▽で
折り返し、柵に入れるのが目標です。
蛇行や噛み付きは減点

初級と同じようにポイント制です
制限時間は8分立ち位置は自由。

失格はナシです。


以下はその写真です




Dsc_1568












ナズナ畑のCちゃん、
とても優雅に見えますが目は鋭くヒーさんを見つめてます


Dsc_1589








※Oちゃん



すごいパワーの持ち主です。


Dsc_1621








※Nちゃん


落ち着いて追ってました


Dsc_1648_1








※Aちゃん



ハンドリング、素晴らしかったです!

Dsc_1899








※Lちゃん



三角形を全てドライブで移動してました

Dsc_1639_1








※K(C?)ちゃん


パワフルな動きを予測したママのコマンドがグッドでした

Dsc_1683_1








※R(L)君


パパに褒められて嬉しそう

Dsc_1655








※T君



このように、柵に見立てたパイロンに入れて終了です


***********************************


こんな感じで1ラウンド目が終わるとお昼休みです
何でもk氏が言うには思ったよりも早く終わったそうなので
k氏が、デモンストレーションを見せてくれました


Dsc_1685







※TIB母さんはちょい後ろ




珍しいです。いつもてんてこ舞いのk氏なのに
こんな陽気に色々説明してくれるのってあり得ない



・・・今日のk氏は何かやばくね?



そんなk氏の気になるお話しは・・・・写真を見ながら行きましょうか


Sheep_182








※何かを言ってるらしい



僕の羊は日本一~??って何じゃそりゃ?
あの手は何を意味してたんだっけ・・・

そうそう、スニークについてだったような。


Dsc_1734









※お金は大事だよ?


何で、わざわざ人を集めてお金の話をするものか


って勿論そんなはずはなく
k氏が離していたのは犬の性格ラインのお話しでした


同じカンバイ方向への周り方も、犬のタイプに寄って異なることや
同じワーキングラインでもLEONの様に羊が
あまりスキではない子が居ること等を説明したり



待てをしてる時に羊から目を離さないか、離しているか?

羊を追う時スニークはするのか、しないのか?
スニークが出ないことは良くないことなのか?





等のお話しをしてました。

待てをしてる時に羊から目を離さない方が良いように見える
集中しすぎてしまうことも多く訓練はしづらいと言うことや、

逆に指示のない時には気を抜いてるのもオンとオフの切り替えが
出来てるとも言える、そんなことも話してたっけ。


Sheep_258









※TIB母さんは足の間


スニークについては
例えばミルラを例とすれば
スニークが低いと言うことは羊よりも目線が下になるために
羊が動きにくい事があるそうです

しかし、レオンやルキオはスニークは出なかったりや高かったりですが
スニークが低い子よりも目線が高いため
羊に対し、よりプレッシャーを与えることも出来るそうです

昨今ではイギリスのトライアル、ワールドクラス出場者のワンコでも



スニークするのは2割くらい



だそう。

そのような事からスニークするから良い、とか悪いとかではなく
「どちらでも良い」が答えで、好みの問題であることや

実際の所、k氏のワンコ達で
どんな羊でも動かすことが出来るのは
ドカドカ動くレオンなのだと言ってました


Dsc_1714








※群れ分けするレオン



勿論レオンはk氏が初めてシープを教えた子なので
1対1でk氏と向き合い、彼自身が培ってきた経験も沢山あります

彼なりに動きにくい羊にはどう対応するべき
考えた結果でもあるんじゃないかと思います





何よりもドタバタした動きによって羊がよく反応するのだそう。
後は・・・そうそう。

ちょっとココからは、受け取り方に寄ってアレな事も有ると思うのですが
誤解をしてる人も居るのではないかと思いますので
一応書いておきたいと思います



「牧羊犬にも流行があって、、、
日本で繁殖されて来たミルラは旧タイプ、
ルキオや最近イギリスから来た外産の子達はニュータイプ
ISDSを持ってるからと言って全てが同じレベルではない」




な発言です。
パッっと聞くと、まるで・・・・・



「旧式タイプのワンコはもうダメー。」



みたいに聞こえますが、よくよく聞いてると実は違う様な・・・・・?
最初聞いた時は何を言い出すんだ!?

と私も思いましたが、良く聞いてみると
そんな事が言いたかったんではない、と思います


めん羊が主産業ではない日本


日本にいるワーキングタイプ自体、絶対数が少なく、
入ってくる子はどうしても家庭犬としても繁殖されることも多いです
牧羊犬が牧羊犬として進歩する必要もあまりない訳です

ですがイギリスでは現在も牧羊を仕事として働く彼等
競技会も、日本で言えば、毎日放映されるプロ野球くらいにお盛んです
毎週、何処かで地方競技会が開催されてます

そんな彼等がより効率的、機能的な追い方や能力を求め
繁殖されるのは当然な事です、だって生き物だもの。




今日のニュータイプは明日の旧タイプ




にもなるんじゃないかしら。
大体、そんなこと言ったら茶色い上に意欲も少ない、
ショータイプ(ペットタイプ)なバト君は一体何になるのか。



石器時代の裸人間?



ううう・・・自分で言ってて哀しくなってきた(泣)

そりゃあ、サイファに比べれば確かにアレな部分もあります
ですが、彼には彼の素晴らしさが有るのです。

バト君を我が家の牧羊に向いてない犬代表
サイファ君を向いている犬代表に見てみれば
トライアルではなく群れを分ける、何か仕事をさせるに置いては




ぶっちゃけ、現時点ではバト君の方が働ける



訳です。
ラインは重要ですが
経験に寄って成長するところは
とても大きいと両方と暮らす私は思います

勿論ワーキングだからと言って育てるのがとても簡単か?
と言うことが言いたいわけではなく


ワーキングはセンスが良く勘がよいが、だからといって
産まれてすぐに何も教えられなくても正しく動ける訳ではないのです


Dsc_1690








※ルキもミル姉も今だ訓練中



どんな子でも、その子にあった訓練が必要です
ちなみに本等に書いてある方法で育てられる犬は一握りとk氏は言ってました

大切なのは扱う人、ハンドラーです。
イギリスでも性能の高い犬だって
犬を扱う性能の高い人が訓練してこそ才能が開花するのです

ハンドラーによっては折角の良犬を開花させることもなく
終わらせてしまう人も居るんです。
(もしかしたら、ふとっちょさんも??)

そのような事を踏まえてk氏の話を聞いてみると
牧羊犬を語る上で、スニークが良い、とか姿勢が低い等
ニュータイプだ、旧タイプだ、等
沢山拘りたい方もいるようですが、実際には姿勢や性能よりも
飼い主のハンドリングの大切さを語っていたような気がしました。



その個体に何が出来るのか?
個性に合わせ、どのように訓練するか




って事も肝要かも知れませんね。
なんて、そんなことを感じました私です。

そう言えばTALKING SHEEPDOGの作者、
デレクさんも本の中で


自分の気に入った子で追うのが一番


って言ってました。
自分が共に暮らす、愛するワンコで頑張るから
苦しい時も頑張れるんじゃないかと思いますが如何でしょうか。


私なりにk氏の言いたいことを推測です
良かったら他の方の意見も聞いてみたいですね。


ハイ、そんなこんなでお昼休みはお終い。


*********************************

午後は予選のポイント順で2ラウンド目がスタート
とは言え、やはり2ラウンド目にもなるとワンコもかなり落ちついて追ってました


上ではカッチョイイお写真を貼らせて頂いたのですが
こちらでは動きのある色んな写真を
わざわざ探しつつ貼ろうかなと思います(爆)


Dsc_1846








※ボク走るよ



Sheep_312








※レアなポーズ



Sheep_338








※ライダウンが聞こえます



Dsc_1610









※飛んでる?


Dsc_1641








※急げ~



Dsc_1617









※ハッ!



Dsc_1638








※じっくり攻める



Dsc_1679








※よっしゃあ




見てる方としてはもっと、脱走とかひっくり返る羊とかいるかも?
何て思いましたが、どなたも安定してました。
う~んこれは明日の人も厳しいぞ~~



そんなこんなで土曜日の予選は終了


*****************************

本来ならばココで一日も終わり明日のレポートに向かうのですが
この日はちょっと違いました。


本日、朝からハイなk氏
お昼にはデモなんてしちゃったり、かと思えば早く終わったので



ディスク大会



なんか始めちゃってました。何コレ?ホント何が起きてるの
k氏は何か悪い薬でも始めたのでしょうか?

夕方は駐車場を使用して残ってた人でミニ大会です

距離は20m位
一分間で、キャッチした数がポイントです


私もヴィタ君とエントリーしました。


Dsc_1960








※オレちんのナイスジャンプ


Dsc_2028








※女王は座り投げ


Dsc_1968








※カームちゃんナイスキャッチ


Dsc_1970








※ヒアー!



とまあ、こんな感じで和やかに進みましたディスク大会ですが
実は・・・・一人だけ大人なのにムキになってる方が居ましたっけ。


誰?


誰って・・・・その人の名はk氏
またの名を



ハットリ君の大先生



です。


Sheep_217








※そう、コノヒト



どうやらk氏、実は結構な負けず嫌い
最初はミル姉と出場してましたが、形勢不利と見るとレオンを導入



本気ならレオンじゃないと勝てないですからね~!



とか何とか・・・・・いかにも可愛い口調で言ってますが
言ってることは、かなりえげつないのがポイント

このディスク大会は全くのお遊びで、
どんなディスクを使っていても問題なく、優勝しても名誉のみの大会
キッズもレディースもなし、犬を変えてもオッケ~な訳です

なのに・・・k氏・・・・



アナタ、大人の癖に勝つ気満々ですか!



余談ですがふとっちょさんも結構ムキになって大暴投してました
合間にこっそり投げてみて


何だオレ上手じゃん!


とか言ってました。
そんな事したって本番に投げられなければ意味はない。
とどのつまり、プレッシャーに弱いんですね、ふとっちょさんは。

私としても何処かでk氏をギャフンと言わせたいところなので
ヴィタ君と組んで本気で行くことにしました
バト君は明日もあるので休憩です


k氏のスロー


Dsc_1980








※サイドスローはマジな証拠



画像が荒くて見にくいのですが口が尖ってました


Dsc_1993








※ナイスキャッチ



レオンは期待に応え見事にキャッチです


Dsc_1984








※慌ててるk氏はレア



レオン、早く早く!!ココッ!ココ~~!!


とか言って大人げないことこの上ない、k氏。
って言うか余りにも面白い慌てっぷりです。

他の方も段々慣れてきたのかナイスキャッチが増えてきました


Dsc_2034








※おれちんナイス!



Dsc_2017








※ヴィタ君もナイス



Dsc_1953








※風ちゃんもナイスキャッチ



顔を出さないようにすると中々難しいのですが
皆さんスローがお上手です

風が少し合ったのですが物ともせず
ナイススローでナイスキャッチなのには驚きました


所で・・・この日の気になる結果ですが、何とワタクシ・・・・・・
ヴィタ君と、k氏を抑えて(←ココ重要)


見事に優勝させて頂きました!!



レオンラブな私としては勝って・・・k氏に勝ってしまって!!
ちょっと心苦しいのですが
k氏に勝ったのは本当に嬉しいですね~


オホホホホホ~~オホホ~~ゲッホ!


な気分です。



普段は、講師なので、やることも沢山あり
忙しいk氏ですが実は結構遊ぶのがお好きなようです。

何とも制御の多いシープ講習ですが時にはこんな風に皆で
何も難しいことを考えず、ワンコとただ楽しむのって最高だったりして
・・・・k氏のレアな表情も見れるし。。


この後はk氏によるk氏のスロー講座が何故か開設されてました
・・・・って押しつけたのは私です、エヘ。

なぜならば~

普段、お金を取って講習をしてるk氏です
ですが、こんな時は素晴らしいチャンス。

ディスクとはいえ無料で教えてくれるのですよ!
教えて貰った方が絶対にお得なのです。
↑こういうのって主婦っぽいかも?

そんな訳で、私は呼び込みヨロシクk氏の所に全て押しつけてました
とは言えk氏もそこは教え上手、なんかシープと違ってホメホメで指導


もしかしてコノヒトはk氏の皮を被ったイアンダンバー博士か?


って位に褒めてましたっけ。
そんな訳で皆さんとっても楽しそうでした。

その後はお約束の様に皆でボール遊びです
鈴ちゃんも来てくれて走り回ってました


Dsc_2051







※イキイキしてます



Dsc_2064








※ボールは誰の手に?






そんな訳で中々盛りだくさんの予選会初日でした。
これから日曜の分を書きます


ちょっとだけお話ししますと
次の日は私がてんやわんやだったんですorz



タイトルは

予選会2日目 「その男、ドSにつき」です

|

« 予選会初日~まずはお礼~ | トップページ | 予選会二日目~その男ドSにつき~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45621/1639145

この記事へのトラックバック一覧です: 予選会初日~ニュータイプとキュータイプ??~:

« 予選会初日~まずはお礼~ | トップページ | 予選会二日目~その男ドSにつき~ »