« ドレスアップ | トップページ | 遊んできました。 »

2006年5月24日 (水)

涙の結婚式

そんな訳で日曜日、結婚式に行ってきました。

Img3773








※バルーンの新郎新婦


主役のエリちゃんは幼なじみ
彼女の眉毛が繋がってる頃からのお付き合いです。

旦那様になる彼、ヨシとも友人ですし
お父様のサブもお母様のカヨも私が子供の頃から
可愛がってくださってる方々です

そう言う訳で?
サブやカヨの為にも朝から私はドッタバッタ
美容院に行ってメイクとセットをしてもらう事になりました。

大して代わり映えも無いかも知れませんが
綺麗にしていくのは列席者の義務みたいなもんです

目の上に金色の粉とか塗られてマスカラもついて
麗しい・・・・と言うかぶっちゃけ、ケバクなってましたっけ。
何か娼婦みたいだった。

頭は時間はかからずに済んだのですが、
何せ沢山ピン留めを刺されて、モシャモシャへアー


060521_125256_m









※ピン留め30本の力作?



大量のスパゲッティが乗ってる状態になりました。



お腹が空いてもダイジョウブ~



ってね(違)

ちなみに先日、IのGに行った友人も
無事に綺麗になって登場です
背中と胸にボディペイントが描かれてました。



今日彼女たちが結婚する場所は小田原ヒルトンです
昔のスパウザ小田原、山の方にありましたよ

Img2512









※ちゃぺるの所

途中に「元祖からみモチ」等の
看板がありまして軽く観光気分です。
からみモチって??と思ったら
普通に大根おろしを絡めたお餅のようです。


式は神前式だったので、友人はウェディングドレス
お父上にエスコートされてバージンロードを歩くのですが



きっとサブさあ、緊張してニヤニヤしちゃうんじゃないの~



とか彼女のお母上や友人、
皆で予想してたのですが、とんでもない



「新婦入場です!」



ってドアが開いた瞬間、既にサブは泣いてました。
それを見た瞬間、思わず私は



・・・・ズッ、ズルイヨ~~~~~~orz



お父上のサブがとっても新婦を可愛がっていたのを知ってたので
何処かで一度くらいは目を潤ませる予感はしてたのですが

いきなりトップスピードでかなり驚いた。
しょっぱなからクシャおじさんじゃねえか!
・・・驚いて思わずもらい泣きです。

私が実は涙もろいのは今更なんですが
父親物にもちょっと弱いんですよ、私。
ホラ、自分が父親ラブなので人の父親にも弱いんだ、エヘ(照)

そんな訳でボロボロ泣いちゃったのですが
あんまり泣くとヨシと昔、何か有った人みたいに噂されてもマズイので
頑張って我慢しましたよ、エヘン。

ふとっちょさんはカメラ小僧ばりに写真を撮りまくり
何か情緒無いのね、キミは。

式はとっても厳粛に進行されてました。
誓いのお口にチューも見れたし(ココ重要)
お約束の賛美歌も歌ったし
良いお式でした。


Img2618





















※おめでとう!!




当然、お次は披露宴なので控え室で準備が整うのを
のんびり待ってます

するとふとっちょさんがしみじみしてまして



オレも多分泣いちゃうなあ~



とか何とか言ってました。
私は思わず、



多分じゃなくキミは絶対に泣く!しかも大泣き!!



ってビシッと言いましたよ。
そうかなあ~とかふとっちょさん言ってたかと思ったら
何だかお静かになりまして・・・・・・アレレ~って見てみたらば!!



何か目が潤んでる



それはもしかして・・・
未来を想像して泣いてるんじゃないでしょうね?
ムスメの未来予想図にしてもちょっと、
余りにも気が早すぎるふとっちょさんです(笑)

少し前の式が押してたようで準備に時間がかかってた様なので
化粧直しに友人と行くと、さっき泣いた所為でマスカラが
落ちまして、カオがパンダになっていて大焦り。

水に強いウォータープルーフにしてもらうべきだったと大後悔です
友人は一人でごそごそもぞもぞして、



何だかお腹がゴゾゴソする・・・・これ何だろう。。。



と言うのでスカートをまくって見てみたら
何たることか、ブラジャーが落ちてきてました。
どうして気がつかないのよorz

後で落ちると式が台無しになるほどに
大変なのでがっちり止めておきましたっけ。

ご飯はフレンチ、
とっても美味しかったです

Img2992








※前菜のなんちゃらかんちゃら



和やかでアットホームなお式でした
新郎も新婦も子供にとっても好かれる人柄なので
高砂はいつも賑やか。

そう言えば、高砂にはお酒がそんなに強くない方のために
バケツが下に置いてあるのですがヨシ君は
全く必要としなかったそうです。

そして、気になるお父上のサブ
あまりお酒は強くないのですが、
胸が一杯なのかあまり食べられないようで結構呑んでました



エリ(新婦)にチューでもしてくるか~



と行って、意気揚々と高砂に向かったは良いものの
帰ってきた時はもう涙ぐんでました、何しに行きなさったのだ?
とは言え、色んな物にどうにもグッと来ちゃうんでしょうね。

お色直しを済ませた二人はキャンドルサービスならぬ
バルーン・・・何て言ってたっけ?
席を回りつつテーブルに添えてある風船を割るサービスです。
割ると中から小さな風船が飛び散って素敵です。

最近は割れるとかそういう事は気にしないんですね
会場は皆ドキドキハラハラで大盛り上がり
年寄りとか、ダイジョウブか心配したのです。

ですが、新婦やその友人は看護士ばかりなので無問題かも?


Img3559











さてさて、いよいよ披露宴も佳境に来まして
残すは最後のビックイベント

先ほどのサブが花束贈呈両親への手紙でどうなるかというと
ご想像の通りになってました。

両親への手紙でもう大変、会場ではもらい泣きの嵐
全ての年配の方やヨシの友人、つまりムスメと同じくらいの歳の居る
若者達をも、号泣させてしまう訳です。



何だか、サブちゃん大人気



ナプキンで溢れる涙を拭う若者急増中。
そう言えば、スタッフも泣いてた。

何故か最後の挨拶をする、ヨシパパも涙、涙。



息子はあまり私とは話してくれなかったけど・・・
こんなに良い友人に囲まれて・・・うう・・・




あらまあ、これは大変だ。
思わず嗚咽を漏らすヨシパパ、しっかりしろよとばかりに
ヨシママに背中をこづかれてました。

気になるふとっちょさんは、カメラに夢中
容赦なくシャッターを切ってましたっけ。



さも疲れた~と言わんばかりに
戻ってくるふとっちょさん・・・・ズビッ!!



・・・・キミもか!?



どうやら、ふとっちょさんも号泣でした。
なんておそろしい披露宴、かつて無いほどの涙率です



私は顔に当たってたライトが眩しかったり
内容を先に知ってたのもあって、式に比べれば
そんなでも無かったのですが、ふとっちょさんはダメみたい



たしか・・・キミは手紙の内容知ってるよね?



って言ったら読むと聞くでは大違いなのだそう。
コレはイカン!とかブツブツ言ってた。

その後はお開きになりまして
小さい子供さんの居る方が多いので二次会はナシ

私と友人、新婚さんは泊まるのでお部屋にゴーです


Img2463








※オーシャンビュー



着替えて、タクシーで飲みに行って
もう一度おめでとうを言いました。
呑んで食べて結局寝たのは3時半頃です。

二次会はナシだったはずなのに
彼等の友人達も結局皆残って駅前で呑んでたのだそうです。
これも二人の人柄でしょうか、幸せな事ですね


私と友人は疲れたこともあり
チェックアウトギリギリまでオネムルしよう
と言ってたのですが早朝の電話
新婦の



お風呂に行こうよ~天然温泉だよ!


でたたき起こされました。
何て元気な新婦さんなのか。
私も友人ももの凄い寝不足で辛かったです。

その後一緒に朝食を済ませ、解散
新婚さんですがニャンコも居るので帰宅するそうです。



そんな訳で
エリちゃん、ヨシ君お招きどうもありがとう




本日は本当におめでとうございました!!




あ、そうそう・・・


冒頭のバルーン新郎新婦ですが
これはめでたく風船大好きムスメのお土産になりまして、、、、








060524_030841










※埋もれてる










こんなになってます。




















|

« ドレスアップ | トップページ | 遊んできました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45621/1903029

この記事へのトラックバック一覧です: 涙の結婚式:

« ドレスアップ | トップページ | 遊んできました。 »