« くしゃみはカトちゃん | トップページ | 誰でもいいケダモノ達 »

2007年2月 6日 (火)

最近アンニュイ(爆)

こんばんはです

先日ブラックが永眠したことを書いたのですが
どうやら私にとって自分でも気が付いてない深いところで



ショック



だったみたいです。
何だかアンニュイとでも申しましょうか
変な気分です。




アンニュイが似合わないとか言うな(涙)




夕方の散歩で海に行って皆と遊んでて
私の所に駆け寄ってくるバト君を見ては
何故かが出てみたりして。

時には勝手に北海道に思いを寄せて
A氏はもの凄く寂しいだろうなあ、とか
聞いてもないのに考えちゃったり。

ヴィタ君ではいまのところ涙は出てきません
たいふぁ君に至っては溜息が出る(爆)



どうしてバト君では涙がでるんだろうか



私が女の子だからでしょうか(いや違う)
それは現在シープでは
バト君が私の右腕みたいなものだからだと思います

考えてみるとバト君の立ち位置は他の子とは
少しだけ違うのかもです
愛情が・・・ではなく立ち位置の問題なのがややこしい

何となく思ってたことなのですが
ドッグスポーツをする人にとって
そのスポーツを最初に始めた
相手は少し特別なのかも知れません

または独立して
初めて一緒に暮らすワンコとか
両親のお財布ではなく
自分の甲斐性で面倒見るワンコとかは
何となく違う気がします・・・私だけかもですけど

二頭目、三頭目になると
勿論苦しいこともその子なりに
あるし、一頭目とは違って経験やら
知識やらが少しはあるから
余裕を持って見ることも出来たりする気がします

でも一頭目では
最初は人もワンコも
何にも解らない手探りから始まって
一緒に悩んで苦しんだりしてる内に
お互いが成長してきて出来なかったことが出来たり
一緒に成長したような同志感覚なの

バト君との間にはそういう何かが
一杯に詰まってる気がします
何て言うんだろ、こういうの。

なのでシープにおいてでは
バト君の立ち位置は
もう少し私と対等だったりな気がします

そんな訳で、彼には過剰に、
期待をしてるときがあったり
出来るはずのことを手抜きをする時があると
もの凄く苛立つこともあったりです

こうやって改めて書くと
まるでバト君は私に勝手に同志扱いされたりで
何だか可哀想な感じもしちゃうかもですが
実はそうではないんだと思います

期待してるとか、そう言う気持ちって言うのは
私が彼を信じてるからこそ起きる気持ち



出来ない、無理



って思ってたら
そんな気持ちにはなりません

彼とは一緒に手探りで頑張ってきて
彼はボーダーコリーでも
かなりのボンヤリでした。

ドッグスポーツに割と向いてないタイプかもです
でも彼は彼なりに頑張ってくれてます

私は何だかんだ言っても(爆)
彼のことを信じてるんです

勿論頑張ったのは飼い主である私もだし
そんな事なんて彼は多分スッカリ忘れてる
もしかしたら何にも覚えてないかも。




でも私は覚えてるしきっと忘れない




いつかバト君が虹の橋を渡っても
万が一、ウッカリ私が先に渡っても絶対に忘れません
それは自信有りですよ



そんな感じです



そう言うことが
この2、3日思い浮かんじゃって困りものなんですよ
シープドッグだからバト君が浮かぶんですね
これがディスクならヴィタ君かもです。
それはムンムちゃんでもヴィヴィ母さんでもそう
それぞれのシーンで浮かぶ犬が違うの。

私に取ってはバト君が
最初のシープパートナーなのです





薄らボンヤリしてるけど




無くてはならない存在なんでしょうね
そんなことを考えると




もう気が狂うほどにアンニュイorz





こういうのは誰かと楽しく喋って
アレすれば良いのでしょうが

今はあんまり表に出られずですし
ママームスメが五月蠅いのでお友達と
電話もゆっくり出来ない状況。




まあ仕方ない ウン




バト君の悩みはバト君に癒してもらおうかしら(笑)

070202_033515




















※僕も結構忙しい?


そう言えば・・・




たいふぁ君ではあんまり浮かびませんね




ん~何故だろ・・・まだ彼が若いからかしら



ああ、そうか!!



彼とは今のところ















食うか食われるかだから(爆)













|

« くしゃみはカトちゃん | トップページ | 誰でもいいケダモノ達 »

コメント

*ルナまま*

確かに~☆

ルナままとは長くお付き合いして頂いてるので
私が今よりももっとダメダメな時期から
支えて頂いてますね(^◇^;)

色んな事を一緒に乗り越えて来た子って
何というか少しだけ自分の中で違う存在だよね

勿論ワンコって何もしなくても可愛いし
居てくれるだけで嬉しい存在だけど
本気で向き合ってワンコの事で泣いたり笑ったり
沢山経験してくると自分の中で
違う存在な気がしちゃう☆

>お互い、いつまでも元気に(RYOちゃんじゃないけれど、妖怪になっても)側に居てもらえるよう、頑張ろうね。


そのためには私達も元気で居てあげなくてはだよね
そして勿論ワンコ達も健康で

お互い自分とワンコの健康に
注意して頑張りましょうe(o^ュ^o)g

妖怪ワンコか!?って言われるくらい
長生きさせて犬生を満喫させてあげたいねえ!

投稿: naoko | 2007年2月 8日 (木) 04時04分

*RYOさん*

ええとバト君のシープはエヘエヘラ~な感じです
んで時々マジ。
何というか、実はあいつ余裕があるんじゃ。。。と思うときも☆
または適当みたいにも見える(爆爆)

うん、やっぱりその場面によって出てくるワンコが違うの♪
この時はこの子!みたいに。

RYOさんはルーさんだけだから
全ての場面がルーさんだよね、きっと。
すごい大切な存在だと思う
生活とか場面じゃなく、生きる事の相棒だよね。
って勿論沢山居てもそうだけど(^◇^;)

>妖怪・化け犬になってもいいから、私が死ぬまで一緒に居て欲しいと、勝手に思う。


これはもう私も激しく同意しちゃう!!
バカでもオバケでも良いからずっと一緒にいて欲しい☆
んで、私が逝くときに一緒に行って頂きたい
無理なのは分かってるけど願わずに居られないよね~

ってか、RYOさん・・・
バト君以外も覚えておくれよぅ~(涙)


投稿: naoko | 2007年2月 8日 (木) 03時54分

*Markさん*

基本的にはバト君は信頼出来る大事な相棒です♪

とは言え、彼は決めてくれないと
予想すると決めてくれたり
決めてくれないと思うと決めてくれたりするので
何年パートナーシップを組んでいても
どうにも油断がなりません☆


あの犬、イマイチ読めないの(爆)


よく考えればあれだけヘラヘラ追ってるんだから
まだ余力があるような気もしたり。。。
ボンヤリしてるかと思うとイカレポンチになったり☆
本心では、まだまだ楽しみな彼ですよ


こんな風にも思う私・・・
有る意味、何ともお目出度いです(^_^;


何だかんだと言いつつも
一生懸命毎日暮らしてる間に
出来るモノなのかもですね@信頼関係


きっと鈴ちゃんとMarkさんなら
あっと言う間ですよ~(^◇^)

二人なら素敵なパートナーシップを築いて行きそうです(*^_^*)


投稿: naoko | 2007年2月 8日 (木) 03時38分

naoちゃんの気持ち、よく分かる。

naoちゃんにとってのバトくんとのシープ、側でずっと見ていたもん。
で、その気持ち、ルナと私にも当てはまる!
ルナさんには、シープだけじゃなくアジでも苦労させられているから、きっと色んなシーンに出てくる。

やっぱり、ルビーとは違う意味で私にとって特別な犬!

お互い、いつまでも元気に(RYOちゃんじゃないけれど、妖怪になっても)側に居てもらえるよう、頑張ろうね。

投稿: ルナまま | 2007年2月 6日 (火) 06時36分

あぅ、ぢつは、バト君しか私には判らない。
だって、他の子たちって、ココでしか知らん。

でも、いっぱいいると、それぞれ、パートナーというのがあるよね。このときは、このこ。とかさ。

アタシにはルーさんしかいないけれど、だもんで、カナリの依存。互いに。だから、

妖怪・化け犬になってもいいから、私が死ぬまで一緒に居て欲しいと、勝手に思う。

バトくんは、やっぱり、どう見ても、癒し犬ですわぁ~~
シープする姿が想像できんRYOですたい。

投稿: RYO | 2007年2月 6日 (火) 04時05分

バト君に関しては他人から見ても信頼関係が出来上がってるな、
って感じられるよね。

あれ?あいつどこ行った!

なんて気にしてなくても必ず傍でぼんやりしてて指示を待ってる。
ソコまで行くには時間がかかるんだろうな。

投稿: Mark | 2007年2月 6日 (火) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くしゃみはカトちゃん | トップページ | 誰でもいいケダモノ達 »