2006年2月28日 (火)

ホーリーランドが気になる訳

いつだったでしょうか・・・

一時期、深夜に放映されてたドラマ


ホーリーランド


なるものを見た事がある方はいらっしゃるでしょうか
読んで下さってる方々は犬飼いさんが多いので
居ないとは思いつつ一応聞いてみました。

以前このブログで
ほんのチョビットだけネタにした事もあったような、無かったような気もします。

ええと原作は漫画だそうです
詳しくはコチラ

そのホーリーランドDVDをTSU○YAで借りてきました。

何でもいじめられっ子らしい少年が独学で格闘技を学び
街でヤンキーなる血の気の多そうな若者とストリートファイト
繰り広げる様子が中々面白く描かれています。

柔道がストリートファイトで強い理由とかね

これ以上詳しい事は
まだロクに見てないし原作を読んでいないのでよく分かりません
なので実は全く違うのかも分かんないです。

そんな状態で是非観て!とオススメするのは変ですし・・まあムリだ

じゃあ一体何が言いたいのかと言いますと、そのホーリーランド
とにかく色んな意味でイッちゃった若者が沢山出てきます。

そのイッちゃった若者を見るとどれもこれもがワンコに見えるんですよ

太いのから細いの、弱いのから強いの、卑怯なのから格好良いの。

そりゃあもう、色んなタイプの若者が登場するのですが
どいつもこいつも犬に見えて仕方がない

見ながら、ボケッとしてる少年が出れば


バト君に似てる


とか考えちゃうんです。

中でも、チャラチャラした格好でオレは強いんだぜ~ウヒャヒャ!
って事を言いつつ、いきがってる少年を見るとヴィタ君に似てる気がして困ります。

そのヴィタ チンピラ君、他人とは思えず心の中で応援しちゃうのですが、
そう言うヤツに限って笑っちゃうくらい簡単に倒されちゃうんだorz

ふとっちょさんは私のような事は考えないみたいで
横で、何か偉そうに講釈垂れてます。

喧嘩する時は相手の肩を見るんだよ~


はあ・・・


そうすると、必ず打ってくる時は肩が動くから~


はあ・・・


覚えておくと良いよ~


・・・・いや、なるべく喧嘩はしませんから。


とまあ、何か色々教えられてます私。
そんな違った意味で楽しめるドラマ、ホーリーランド

血の気の多いワンちゃんと暮らす方は必見です。
必ず愛犬に似てる少年が居る筈です。
何だか人ごととは思えない目つきや行動に納得しちゃいます。


ちなみに私は、チンピラとチキンとバカ





その3タイプに夢中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

チャーリーとチョコレート工場

インフルさんと風邪でどこにも行けず、
ムスメに付き合うしかないので映画を観ました

Dl59338_j1



















※チャーリーとチョコレート工場
ジョニーデップ、流石です。




ちょっと話題になりましたので、既に観た方も居るのではないでしょうか。
もんのすんごく貧乏な家庭の少年が紆余曲折を経て手に入れた
世界に5枚しかないと言う貴重な


ゴールデンチケット

このチケットを手に入れる事が出来るのは全世界でたったの5名
その5名だけが誰も入っていかず誰も出ていかない、
だけど品物は毎日わんさか出荷されているという摩訶不思議きわまりない
世界一大きなウィリーウォンカさんのチョコレート工場を見学出来る訳です


まあ運良く最後の一枚を手に入れる事が出来た
チャーリー少年はお祖父ちゃんと
他の個性豊かな4人のチケット獲得者(と付き添い達)
と夢の工場見学に行く訳ですが・・・・



ってな話。


大体このウィリーウォンカさん、大天才で炎天下でも溶けないアイスクリーム
噛んでも味が無くならないガム等を発明したそうですが
頭が良いのか悪いのか非常に微妙な感じです。

そんな事を考えるのは多分に私が大人で夢のない人間だからでしょうが



何でそれで儲かるのかがちっとも分からない。




とは言いつつも気になる感想ですが
子供向けかと思いましたが実に面白かったです。
原作は「チョコレート工場の秘密」ロアルド・ダール著でした。

原作を読んだ事があるつもりだったので
ボケッと観てたら全然知らない話でビックリ。
読んだ事があったのはチョコレートアンダーグラウンドだった。


古今東西チョコレートというのは大人も子供も好きだったり嫌いだったりと
物語に事欠かないのですから、それだけ魅力的な食べ物なんですね


そう言えば昨日、一昨日?のバレンタインデー
チョコレートをあげたり、貰ったり、食べたりした方も大勢居るのではないでしょうか

我が家の唯一の人間男性のふとっちょさん
ほうれん草大根を2本持って帰ってきました、モテなかったんだねー


本来なら妻である私こそが何かを用意してあげなければならないのですが
ここ最近の我が家の状態を見れば分かるように
チョコとか言ってる場合じゃなかったです。


まあ、どうでもいい話は置いておいて、チャーリーとチョコレート工場
楽しく映画を観た後は感動とチョコレートだらけの映像に胸が一杯になり・・・








チョコレートが食べたくなくなる事、間違いなし





の名作です、是非どうぞ!



| | コメント (6) | トラックバック (0)